代表ブログ
Three Flags Blog
健康食品、化粧品の通販会社様・
エステサロン様向けコールセンター

先日、NHKのクローズアップ現代という

番組の中で、大林宣彦監督の名言が紹介されました。

 

「ありがとうの数だけ賢くなり、ごめんなさいの数だけ美しくなり、さようならの数だけ愛を知る」

なんと素敵な名言なのでしょうか。

 

最近は、新型コロナの自粛により、

家族と一緒にいる時間が強制的に増え、

様々な悲しいエピソードがメディアを通して、

流れています。

 

長い時間を共にすることでのイライラ、

DV、コロナ離婚、殺傷事件など。。。

 

関係性の悪化には、数えきれないほどの理由が存在し、

一時的なものではなく積み重ねてきたストレスの

爆発などもあるとは思います。

 

しかし、関係性の悪化の大きな要因として、

「相手にやってもらって当たり前」という

傲慢な考え方があるように思えてなりません。

 

「当たり前」という意識が働くと、

「ありがとう」という言葉が出てこなくなります。

 

また、感謝の気持ちがあったとしても、

日本人にありがちな

「言葉にしなくても伝わるだろう」

という大きな勘違いから、

関係性に亀裂が入るのではないかと思います。

 

今現在、緊急事態宣言からの自粛により、

外出を控えなければならない状況は、

誰しもストレスが溜まるとは思います。

 

実際、私も普段は大好きな読書が、

「読む気になれない」  「集中できない」

という状況に陥っています。

 

これも、コロナの終息が見えてこない

先行き不安な状況からくる、

ストレスの一種なのかも知れません。

 

私を含め、みんな不安です。

そして、少なからず、

みんなイライラしていると思います。

 

でも、それをダイレクトに家族や友人知人、

職場の仲間に八つ当たり、

更にはSNSで批判ばかりするのは、

単なる甘えです。

 

こんな時だからこそ、

相手に何かを求めるのではなく、

自分に何かできることはないだろうか?と考え、

実際に行動に移すことが大事だと思います。

 

そして逆に、周りの人からの小さな気遣い、

さり気ない優しさに対し、敏感に反応できる

アンテナを持ち、言葉に出して 「ありがとう」 と

感謝していくことがもっと大事です。

 

何故なら、「ありがとう」 は、

良好な関係を構築することができる

゛魔法の言葉  ゛なのですから!!

LATEST BLOG

最新の記事
健康食品、化粧品の通販会社様 エステサロン様向け アウトバウンド営業/お客様サポート代行コールセンター THREE FLAGS [ 株式会社スリーフラッグス・コールセンター ]

まずはお気軽に、お問い合わせください。