代表ブログ
Three Flags Blog
健康食品、化粧品の通販会社様・
エステサロン様向けコールセンター

以前勤めていた会社、部下(A君)のお話です。

 

バイタリティーあり、

ボキャブラリーあり、

ユーモアセンスあり。

 

頭の回転もよく、咄嗟に反応もできる。

期待の新人でした。

 

営業研修も終わり、

1人で新規開拓に出るも、

2ヶ月、3ヶ月経っても、

新規案件は決まらず。

 

営業日報はぎっしり。

「なんでだろう」と首を傾げる私。

 

気分転換にチームで

アポ取り件数だけを争うイベントを開催。

 

A君は順調にアポ取り獲得。

よし、いいぞ、いいぞ!

 

A君がアポ取りしたクライアントを

契約させてあげたいと同行することに。

 

1件目の最寄り駅 新宿に着くと、

A君の携帯に着信。

 

「あ~、そうですかぁ、

わかりました。日を改めますね」

 

 

2件目の最寄り駅  中野坂上に到着。

A君の携帯に再び着信。

 

「わかりました。

全然大丈夫ですよ、また連絡致します」

 

 

「木島さん、

このお客様も都合悪くなったみたいです」

 

「わかった。事務所に戻ろう」

 

自席に戻らず、会議室に直行。

 

「今月のアポ取り9件の内、

何件が嘘なのかな?」

 

みるみる顔が硬直するA君。

 

「どうせわかることなんだから

正直に言ってみなさい」

 

A君は泣きながら

「全部嘘です。0件です」

 

「いやいやいや、

俺の目の前で2件獲得してたでしょ」

 

「あれ、実は電話繋がってないんです」

 

繋がっていない電話に3分、5分と

小芝居を打てるだけの努力ができるなら、

何故、営業を頑張れなかったのだろうか。。。

 

結局、

それがきっかけで退職することになったのですが、

彼が残した言葉が忘れられない。

 

「こんなに早く見抜いたのは木島さんが初めてです」

 

彼はこのやり方で過去、

何社も2~3年居座ることを

続けてきたというから驚きだ。

 

彼がイケメンだったら、

結婚詐欺師になっていたんだろうな(´;ω;`)ウゥゥ

 

 

我が社にも残念ながら

嘘の上塗りをし続けた社員がいました。

 

「おばあちゃんが具合悪くて

病院に連れて行ってから出社します」

 

「持病の喘息が出て、落ち着いたら行きます」

 

年月を重ねる事に遅刻は増える一方。

 

「今の生き方でいいのかい、

嘘をつく度に自分の心も削られちゃうよ」

 

「申し訳ありません。

もう二度と嘘はつきません。」

 

その後、遅刻はかなり減りましたが、

1年経たずに無断欠勤のまま退職。

 

 

長い人生の中で「嘘」を

咄嗟に付いてしまう人を何人も見てきました。

 

共通して言えるのは、

小さな嘘から始まり、

少しずつ嘘をつく事に慣れ、

やがて自分の居場所を無くし、

最後には身を滅ぼしていくということ。

 

防衛本能からくる咄嗟の嘘であっても、

その嘘がやがて自分にとって大事な人を

失望させることに繋がっていきます。

 

どうせ嘘をつくなら、

「自分を守る為の嘘」ではなく、

誰かを傷つけない為の

「優しい嘘」をついてもらいたいな。

LATEST BLOG

最新の記事
健康食品、化粧品の通販会社様 エステサロン様向け アウトバウンド営業/お客様サポート代行コールセンター Three Flags [ 株式会社スリーフラッグス・コールセンター ]

まずはお気軽に、お問い合わせください。