代表ブログ
Three Flags Blog
健康食品、化粧品の通販会社様・
エステサロン様向けコールセンター

今週は、「想像力」についてお話したいと思います。

 

ビジネスの世界で生きていれば、

「もっと想像力を働かせろ」

「○○を想像できなかったのか?」など、

上司に言われたことがあるのではないでしょうか。

 

「想像力」を働かせれば、

相手が何を求めているかを感じることもできますし、

このまま進んだ先の事故を

察知することもできるかも知れません。

 

「想像力」を働かせて損することは、

何一つないと言っていいでしょう。

 

その中でも「想像力」が欠落していることでの一番の弊害は、

「感謝するべき事」の本質が見えなくなるということです。

 

例えば、

週5 フルタイムで殆ど休むこともなく出勤してくださる

コミュニケーター(以下、CMさん)がいたとします。

 

稼働時間が多く、エース級の活躍をされていたら、

「いつもありがとうございます」

「本当に助けられています」

とSVも言うでしょう。

 

しかし、そのCMさんが、

・シングルマザー

・お子様が3人(保育園児も含む)

・実家暮らしではない(支援してくれる人が側にいない)

という情報を履歴書にて把握できていたら、

どうでしょう?

 

「感謝」の温度感が変わってきませんか?

 

逆に、

そんな中で休まず出勤してくださっていることを心配し、

「何か無理をさせているのではないか?」

と状況確認するのが

「想像力」から生み出されるものではないでしょうか。

 

 

先日はこんなことがありました。

 

新入社員について、以下の報告をもらいました。

 

「本日の○○さんについてご報告いたします。

午前中に切り返し例などを確認して、

午後架電にはいることができました。

受注につながることは出来ませんでしたが、

受注ギリギリの所まではいけましたので、

次回は受注が取れるように出来たらと思います。」

 

社長である私が、この報告をもらって、

新入社員の何を把握することができるでしょうか?

 

ここで「想像力」を働かせれば、

私がこの報告を待ち望んでいないことは

容易に理解できたはずです。

 

そして何より、

たくさんの企業の中から

有難くもスリーフラッグスを選択して頂いたということを

「想像」できていれば、「感謝の気持ち」は、

「新入社員の真面目な1面や

ハートフルなエピソードを探して社長に報告しよう」

に繋がっていたはずです。

 

このように「想像力」を働かせれば、

人に対しての「感謝するべき事」の

本質が見えてくると思うのです。

 

スリーフラッグスのSV、

そして、各事業部の責任者の皆さんには、

日々の業務にマンネリ化することなく、

一人ひとりを知る為の努力を怠らず、

常に「想像力」を働かせ、

何に対して感謝するべきかをしっかり見極めた上での

 

「ありがとう」

 

が言える人になってくださいね。

 

LATEST BLOG

最新の記事
健康食品、化粧品の通販会社様 エステサロン様向け アウトバウンド営業/お客様サポート代行コールセンター Three Flags [ 株式会社スリーフラッグス・コールセンター ]

まずはお気軽に、お問い合わせください。